手作りドッグフードの注意点やレシピを紹介します

MENU

手作りドッグフードの注意点

 

愛犬の食事を手作りで作ることは、安全面においても安心であり、さらに飼い主の愛情をしっかりと感じることが出来るといったメリットがたくさんあります。ですが、手作りドッグフードについて、気を付けなければならないこともあります。それはどのようなことでしょうか。

 

市販のドッグフードも食べられるようにしておく

市販のドッグフード

手作りのドッグフードは飼い主の愛情を感じるとともに、食材の新鮮さやその美味しさから、通常のドッグフードと比べ、愛犬の食いつきが違うと言われています。そのため、毎日手作りドッグフードを食べている愛犬は、市販のドッグフードを食べなくなることも。ですが旅行やさまざまな理由により、市販のドッグフードしか与えられない場合もあります。そのような時に困らないために、たまに市販品を食べさせ、どちらも食べられるようにしておくことが必要です。

 

犬にとって有害な食材をきちんと把握

手作りドッグフードは飼い主が愛犬の体調に合わせカスタマイズ出来るのが魅力のひとつですが、人間にとっては問題なくても、犬にとっては劇薬ともなりかねない食材があることを理解しておかなければ、安心安全な手作りドッグフードを作ることは出来ません。

 

例えばタマネギやネギ、らっきょう、ニンニクなどの球根から出来る野菜。中毒症状を起こしひどければ命に関わる場合も。その他にもチョコレートや甲殻類、アボカド、するめ、生卵、貝類、ピーナッツ、煮干し、鰹節、海苔などが挙げられます。その他にもありますので、きちんと確認しておくことが大切です。

 

プレミックスフードを上手く活用する

プレミックスフードとはさまざまな食材とビタミンなどの栄養素をブレンドした粉末タイプのフードで、水やお湯で戻して使用するドッグフードです。そこに動物性タンパク質を加えれば栄養バランスのとれたドッグフードが完成します。手作りドッグフードはどうしても栄養素が不足しがち。その不足栄養分を補ってあげる工夫も必要です。